Japan Awasake Association

一般社団法人awa協会

awa酒を世界へ


awa酒とは、特別なスパークリング日本酒です。
厳格な基準のもとで製造されているため、
美しい透明な一筋泡が沸き立ちます。
awa酒協会は、世界の乾杯シーンでawa酒が、
シャンパンやスパークリングワインと肩を並べる存在となることを目指します。


awa酒認定基準

awa酒は、二次発酵(※1)から発生する炭酸ガスを有し、ガス気圧が3.5bar以上であることなど、製造方法、品質について厳格な基準を定めております。
外部の専門機関と共に認定基準を遵守しているかの検査を行っており、すべての基準を満たした銘柄にのみ「awa酒」の呼称を認めています。

※1 瓶内またはタンク内二次発酵

awa酒の認定を受けるためには、awa酒協会に入会している事が必要となります。入会に関する手続きについてはお問い合わせ下さい。

商品開発基準

  1. 米(※2)、米こうじ及び水のみを使用し、日本酒であること
  2. 国産米を100%使用し、かつ農産物検査法により3等以上に格付けされた米を原料とするものであること
  3. 醸造中の自然発酵による炭酸ガスのみを保有していること(※3)
  4. 外観は視覚的に透明であり、抜栓後容器に注いだ時に一筋泡を生じること
  5. アルコール分は、10度以上であること
  6. ガス圧は20℃で3.5バール(0.35メガパスカル)以上であること(※3)

品質基準

常温で3ヶ月以上、香味、品質が安定していること。また火入れ殺菌を行うこと。炭酸ガスは、配管及び容器内のガス置換の目的で使用するものを除く

※2 純米であることや精米歩合については規定しない

※3 二次発酵についてはタンク内でも瓶内でも規定内とする